メインイメージ

男性も待つように

近年のカップルは、結婚するときのプロポーズが以前ほど重要視されなくなっています。昔は、主に男性から女性に結婚してほしいとはっきりプロポーズをして、相手もそれにこたえることで婚約成立となっていました。しかし、近年では男性も相手からのアクションを待つようになり、女性からのプロポーズ自体も増えてます。男性が待つことにより、はっきりとしないままに結婚の相談をして、入籍したというカップルも少なくありません。 できることならば、女性の立場からすれば男性にははっきりプロポーズしてほしいものです。もちろん、男性が待つことによってちょうどよいタイミングで結婚できたというケースもありますが、なかなかプロポーズがしづらくてずるずると先延ばしになったというケースもあります。結婚をお互いに意識するようになったら、入籍する意思があるのかどうかはわかるようになりますので、双方結婚を考えていてもけじめとして伝えましょう、これによって、堂々と二人で結婚後の相談をすることができます。恋愛の時と結婚してからの大きな違いは、常に相手と一緒にいるようになるため、これまであまり気にも留めなかった価値観の相違や生活習慣が非常に気になるようになるという点です。特に、結婚してからしばらくは新婚でお互いに幸せな気持ちになっている反面、気づかなかった相手のマイナスポイントにも気がつくようになる時期です。プロポーズをして相手と結婚の前段階としていろいろな相談をしているうちに、これらの価値観の相違などはすり合わせていくことができますので、入籍後の失敗を防ぐことができます。 いずれにしても、プロポーズは一生の思い出になるイベントですので、これらの問題回避のためだけでなく、やはりきちんと伝えたほうがよいでしょう。タイミングを待っている場合でも、まずプロポーズをして、入籍の日を二人で決めればよいだけです。これだけでも、女性は安心するものです。

女性からのプロポーズを待つ?

交際が長くなるとどのタイミングでプロポーズをするのかで悩むという男性も → 続きは

プロポーズ作戦

画像
結婚をするタイミングはとても
画像
現代社会では、お金があれば
画像
いざプロポーズをしようと思ったときに
画像
交際が長くなるとどの