メインイメージ

交際期間もタイミングのひとつ

皆さんはお付き合いを始めてから結婚に至るまでどれくらいの期間が必要だと考えますか。子供を産むためには早く結婚したほうがいい人や、お互いの価値観が分かるまでは結婚しないほうがいいなど考え方は人それぞれではないでしょうか。結婚はタイミングだとよく言います。お互いが結婚という同じ方向を向いていなければいくら交際期間が長くてもプロポーズは成功しません。また、何歳で出会ったのかによっても交際期間は変わってくると思います。しかし、最低でも1年の交際期間は必要なのではないでしょうか。お互いの考え方を知り、互いが尊敬できるだけの期間を設けてこそ次のプロポーズへと移って行けるのです。プロポーズをしてもらう前には必ず結婚の事を口に出すようにしましょう。例えば、いつか結婚したいことや結婚したら住みたい場所についてなどです。男性からこのようなヒントを女性に示すことで、女性はもうすぐプロポーズがあるのではないかと期待しますし結婚に対する覚悟もそれなりにできます。お互いが結婚に向かって考えるようになった時に男性からプロポーズしましょう。平均的には1年か2年の交際期間を経てプロポーズをするのがいいでしょう。また、平均的なプロポーズのタイミングもそれぐらいです。逆に交際期間が長すぎると、男性はプロポーズのタイミングを逃してしまいがちです。最近では同棲する人も増えていますが、同棲してしまうと交際期間は必然と延びますし、家族のような関係になってしまい男性自身がプロポーズをしなくてもいいかなと考えてしまうのです。彼氏からプロポーズしてもらうには、自分からも水面下で結婚したいするアプローチをしたほうがいいでしょう。友達が結婚した、結婚したらどのような家庭を築きたいなどを話してみましょう。男性側は自ずと結婚を考えるようになるでしょう。結婚にベストなタイミングだと感じたら、表立って動くのではなく女性はまず水面下でのアプローチをしてみましょう。

短すぎても長すぎても

いざプロポーズをしようと思ったときにどのような言葉で伝えようと → 続きは

プロポーズ作戦

画像
結婚をするタイミングはとても
画像
現代社会では、お金があれば
画像
いざプロポーズをしようと思ったときに
画像
交際が長くなるとどの