メインイメージ

短すぎても長すぎても

いざプロポーズをしようと思ったときにどのような言葉で伝えようと悩みますよね。プロポーズの言葉が長すぎると、間延びをしてしまって相手に伝えたい真意が伝わりづらいし、記憶に残らないという所があります。後々プロポーズの言葉が何だったか思い出す事さえ難しい状況になります。長いプロポーズだったなという思いでだけしか残らないかもしれません。逆に短いポロポーズも相手に気持ちが伝わりづらいものです。短いとストレートではありますが、ありふれていてプロポーズをする人の意思や決断が伝わりづらいのです。気持ちを伝えるものなので決まりはありませんが、短い言葉も長い言葉もどちらも適していないという事になります。自分の気持ちを伝えながら、程よい長さで相手に気持ちを伝えていく事がとても大切になります。一生で何度もする事ではないし、自分の気持ちや言葉を伝え結婚を申し込む為の大切な時間なので、自分の言葉で気持ちをまとめて伝えるときっと相手にも伝わるでしょう。

プロポーズ作戦

画像
結婚をするタイミングはとても
画像
現代社会では、お金があれば
画像
いざプロポーズをしようと思ったときに
画像
交際が長くなるとどの