メインイメージ

昔のようなゴージャスでなくて

不景気のせいというのが理由のすべてではありませんが、近年では結婚してからも共働きの予定にしているという世帯が増えていますし、結婚式自体も昔のようなゴージャスな挙式は好まれていません。また、婚約指輪にしても、多くの女性があこがれてはいるものの、分不相応な大きい指輪をもらうよりは、将来のために貯蓄しておきたいという考えの人が増えてきています。 このように、昔のようなゴージャスなプロポーズや結婚式はかなり少なくなってきているものの、何もしなくてもよいというわけではありません。むしろ、低予算でありながら印象深い結婚式にしたり、思い入れのある指輪を作るなど、コストパフォーマンスの高いプロポーズや結婚式であれば、女性は非常に高い満足を得ることができます。 そのため、男性にとっては昔のようにただ単にゴージャスにすればよいというわけではなく、工夫が必要になります。昔流行していたサプライズは、人によっては喜ばれないこともありますので、よほど気心の知れている相手にしか行わないほうがよいでしょう。プロポーズの時に指輪をプレゼントするのもよいですが、昔と違って今は指輪のブランドや材質、形状などが増えていますので、事前にリサーチしておいた方が無難です。人によっては、一緒に選びたいという人や、結婚指輪と兼用で費用を安く抑えたいといった合理的な考えの人もいますので、自分一人で考えるよりも、プロポーズをした後で相談したほうがすんなりいくこともあります。 結婚式に関しては、ご祝儀で支払いをしたり、自分で用意できるものは持ち込みをすることにより、格安で挙式できるプランがあります。手作り感のある結婚式はかえって新鮮で、ゲストのことを考えて用意すれば必ず喜んでもらえます。手間や時間はかかりますが、その分費用を抑えたイベントを、二人で考えてみてはいかがでしょうか。簡単に用意できるペーパーアイテムなどのキットも販売されています。

お金よりも幸せに

現代社会では、お金があればある程度のものは手に入れることができます。 健康は → 続きは

プロポーズ作戦

画像
結婚をするタイミングはとても
画像
現代社会では、お金があれば
画像
いざプロポーズをしようと思ったときに
画像
交際が長くなるとどの